FXで勝ちすぎると口座凍結にされるという噂

FXを始めて、テクニカルやらファンダメンタルズやらを必死に勉強し、やっと勝てるようになってきた、と思って取引画面にログインしたら、画面がフリーズして、新規取引受け付けていませんと表示される。
それで業者に問い合わせると、口座凍結されていた、というような事例(噂)がネット上で頻繁にささやかれています。

スポンサーリンク

儲けすぎる客は追い出す?

ネットでの噂では、FXでは、利益を上げすぎる客は口座を凍結され、追い出されるそうです。

噂の根源は、勿論、相対取引の問題点としてよく知られる「投資家の利益=FX業者の損失」という構図にあります。

FX業者がインターバンクに顧客の注文をながしたり(カバー取引)、顧客同士の注文を相殺(マリー)させてさえいえば、上記の公式は成り立たないのですが、どうやら、多くの懐疑的な思考回路を持つ一部の投資家は、FX業者はマリーやカバーを一切行っていない、と見ているようですね。

FXは負け組がほとんどであり、一部の勝ち組を追い出し、負け組の負け注文(業者にとっては利益を生む注文)だけそのまま呑んでさえいれば大儲けできる、というのは確かに事実であり、それゆえに邪推されやすいのですが、実際はこんなことを本当にやっていれば、大騒ぎになると思われます。

FXで実際に勝っている人は、決して表には出ませんが、意外と多いです。そういう人たちを皆口座凍結にしている事実が発覚すれば、それこそ世間の信頼を全て失いかねない問題行為ですよね。

FX業者の多くは、SBIFXトレードや楽天FX、ヤフージャパンFXなど、FXサービス以外も行っている有名企業が多いですから、ここまであからさまに不正を行うことはまず考えにくい、と思います。

口座凍結にあっているのはスキャルピングプレーヤー

クチコミ等を見ていると、実際に口座凍結された、と言っているのは、スキャルピングを行っている人、しかも、エントリーから決済までを数秒で完了させる、いわゆる秒スキャを得意としているプレーヤーのようです。

数秒だと、5pips抜くのも難しいですから、彼らは1,2pips程度で利食いを繰り返し、1日の取引回数は100にも及びます。
しかも、上級者になると、ワンショット100枚以上で、月数百万以上稼ぐそうです。

スキャルピングは、FX業者からすると、インターバンクでカバーすることも、マリーも難しいので、1分の業者を除き、多くの業者が、スキャルピングを嫌がっているそうで、約款でスキャルピングを禁止しているところも見られます。

最近、FX業者の広告サイトに「うちはスキャルピングOK」なんてPR文が書かれているのも、そのせいですね。

スキャルピングでの口座凍結の基準

そういうわけで、特にスキャルピングOKという表記のない場合、そういったFX業者で秒スキャを行うと、口座凍結になる恐れがあります。

ただし、どの程度までがOKで、どこからがNGなのか、という基準は各社ばらばらのようで、特にこうすれば絶対だめ、というのはありません。

  • 証券会社: DMM.com証券
  • 開設期間 : 3ヵ月ほど
  • 月間取引回数 : 3000回
  • ワンショット枚数 : 50万通貨
  • ポジ保有平均時間 : 3分
  • 月平均利益 : 200万
  • 凍結理由 : 当社判断と言われた

上記のような例もあれば

  • 証券会社: GMOクリック証券
  • 開設期間 : 2年以上
  • 月間取引回数 : 1000回くらい
  • ワンショット枚数 : 100万通貨
  • ポジ保有平均時間 : 5分
  • 1月の利益 : 600万
  • 凍結されず

という事例もあります。

あくまで推察ですが、口座凍結基準は、どこの業者でも以下の考え方が基本になっている、と思っています。

  • あまり利益を得ていない人(あるいは負け組)は、何をしても凍結されない
  • 勝っている人でカバーやマリーできない取引を繰り返せば凍結

なんだかんだ言っても「勝ち組を追い出して、負け組だけ残す」ことがFX業者の利益の最大化に繋がります。
だから、FX業者は本音の部分で「勝っている人は(大口の人以外)全員やめてほしい」と思っていると思います。

スキャルピングは、そのための絶好の口実になり得ます(大口の客なら、インターバンクでカバーも取りやすいし、マリーもできるので、それほど問題ないとは思えますが)。

数秒で取引を終えるスキャルピングを行っていれば、低スプレッド業者だと、それだけで目をつけられる可能性はあります。
場合によっては例え月数十万くらいの利益でも、というか利益関係なく、凍結される可能性もあります。

これからは、スキャルピング上級者は、口座凍結され、せっかくの利益を拘束されてたくなければ、NDD業者など、スキャルピングOKを謳っている業者で取引するしかないのかもしれません。

ただし、スキャルピングOKの業者は、大抵、スリッページ詐欺業者だとの噂がありますが(笑)。

スキャルピングをやらなければいいだけの話なのですが、スキャルピングが一番利益率が高いのも事実なので、儲けている人は実際やめにくいでしょうね。

NDD業者も選択肢が狭いですし、スキャルパーにとって厳しい時代になってきたものです。


ストップ狩りやレート操作が気になる方におススメのFX業者

  • SBIFX TRADE
    信頼のSBIグループ。NOストップ狩り宣言やグレーアウト排除宣言、スリッページ状況のユーザーへの情報開示などを行いFX業界の不透明性に異議を唱えている唯一のFX業者です。レート操作やストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめ。また、最低取引単位1通貨や未成年(18歳以上)への口座開設を認めているのも業界唯一。いろんな意味で注目の業者です。SBIFXトレードの詳細はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP ↑