SBI FXトレードの口コミ評判まとめ

SBI FXトレードは、SBIグループのFX専門業者です。

よくある疑問としてSBI証券とどこが違うの?というものがありますが、SBI証券はGMOクリック証券などと同様、総合証券会社で、勿論、FXも取引可能なのですが、米ドル円のスプレッド0.8~1.2銭と、あまり好条件とは言えません。

対して、SBI FXのほうは、1万通貨までなら、現在FX業界で最強スプレッドを誇り、FX初心者から圧倒的な支持を受けています。

何故、GMOクリック証券のように「シングル・サインオン」にせず、二つに分けているのかは、企業戦略等のいろんな事情があるのでしょうが、とにかくFXをメインにするなら、SBI FXのほうが条件的には優遇されています。

スポンサーリンク

SBI FXの特徴

SBI FXは、FX業者としては後発組ですが、SBIグループの持つブランド力で、あっという間に人気業者の仲間入りを果たした感があります。
そんなSBI FXの特徴をまとめてみます。

SBIFXトレード公式サイト

最強スプレッド業者!?

SBI FXは、GMOクリック証券DMM.com証券と並んで、もっともスプレッドが狭い業者の一つとして有名です。

勿論、どの業者が一番スプレッドが狭いかは、時期や各業者のキャンペーンによって微妙に上下するので、一概にどこが一番とは言えませんが、1万通貨以内での取引なら、SBI FXトレードがもっともスプレッドが狭くなっている場合が多いようです。

1万通貨以上での取引の場合は、GMOクリック証券DMM.com証券のほうが、スプレッドは狭くなり、取引コストは安くなるのですが、しかし、これには裏ワザ?があるらしく、例えば10万通貨で取引する場合、1万通貨ずつ10回注文を出して、1万通貨ずつ10回決済すれば、実は1万通貨での取引として扱われ、最小スプレッドが適用されるようです。ただし、面倒ですが(笑)。

1通貨から取引可能

さらっと「1万通貨以内」と書きましたが、通常FXでは1万通貨での取引が最低取引枚数(1枚、1ロット)になっています。
最近は1000通貨(0,1ロット)での取引可能な業者も増えてきましたが、なんとSBI FXはたったの1通貨から取引可能です。

SBI FXトレードでは1通貨から取引が可能です。
米ドル円取引の場合、必要証拠金は、たったの4円でOK!

初心者が最初少額から取引できるようにとの配慮なのでしょうが、ここまでする必要があるのかどうかは正直よくわかりません(笑)。

ストップ狩りはしません!

よくFX業界で話題になる、FX業者によるストップ狩り。SBI FXは、公式サイトで「ストップ狩りはしない」と明言しています(NOストップ狩り宣言)。

また、グレーアウト排除も宣言しています。

グレーアウトとは?
各国の経済指標や要人の会見前後は、インターバンク各行が自社の収益低下を嫌って、スプレッドをワイドにするきらいがあります。
なぜならば、インターバンクにはFXのようにレバレッジ規制やロスカット・ルールというものがなく、取引参加者間の信用と契約によって、売買を受けたくない場合は、スプレッドをワイドに提示する、あるいはグレーアウトにすることがあります。
これは、インターバンクが、“今受けられるのはこの値段です。”、“嫌なら他の銀行でトレードしてください。”という意思表示をシステム的に行っている訳で、多くのFX会社でも収益減やトレード損を嫌って、スプレッドのワイド化やプライスのグレーアウトを頻繁に行うといった手法をよく聞きます。

要するに、相場急変時に、スプレッドが拡大するという、FX業界ではもはや当たり前となってしまっていることに遺憾をとなえ、可能な限り、通常スプレッドを維持し、安定したプライスを提供することをポリシーとして掲げている、ということです。

スリッページ情報も開示

また、指定スリッページにおける約定幅を開示するなど、FX業界の不透明な部分にもきりこんでいます。

通常、低スプレッド業者では、ユーザーにとって不利な方向にスリッページする場合が多い、と言われていますが、この辺りの情報に関してもSBI FXトレードは真摯に開示してくれています。

sbisrip1

また、成行注文の場合、最初に指定許容スリッページ幅を設定するのが普通ですが、許容幅を超えてスリッページが発生した場合は約定しないことになっています。これはどこのFX業者でも同じですね。

しかし、SBIFXトレードでは、許容幅を超えたスリッページであってもそれが投資家にとって有利なものならば約定するシステムになっています(最優良価格)。

  • 許容幅を超えた不利なスリッページは約定せず
  • 許容幅を超えていても有利なスリッページは約定する

sbi2way1

sbisrip2

上記のようにシステムの透明化やユーザーとの情報の共有化を目的とした「お客様システム・サーベランス部会」の他にも、ユーザーから要望があれば、即座にそれにこたえる「サービス向上委員会」なるものも設置されているなど、ユーザー視点で常にサービス向上に努めている様子が公式サイトからは見て取れます。

今はまだGMOクリック証券DMM.com証券に比べて取引コスト面で少し劣っているため、人気では及びませんが、こういう非常に真面目なFX業者は徐々に人気が出てくるのでは?と個人的には思います。

SBI FXトレードの悪評

SBI FXトレードの悪評は、GMOクリック証券やDMM.comよりもユーザーの数そのものが少ないこともあって、数もそれほど多くなければ、手厳しい意見もそれほど見かけません。

取引ツールやチャートが使いにくいとか、そういった個人的、主観的な意見はよく見かけますが、スリッページやストップ狩りに関する悪評が少ないのは、SBI FXトレードの真摯な取り組みが功を制しているのかもしれませんね。

そういう意味でも、FX業者(GMOクリック証券やDMM.com証券など)に不信感を抱いている人、真面目でブランド力のある業者で安心してトレードに集中したい人にとっては、SBI FXトレードは、非常に魅力的なFX業者だと言えるのではないでしょうか。

初心者の方にとっては、取引コストでも業界最強になるので、FXデビューにはもってこいです。

SBIFXトレード公式サイト


これからFXを始める人におすすめの3社

  • DMM.com証券「DMM FX」
    DMM.com証券「DMM FX」は、GMOクリック証券「FXネオ」と並んで国内最大手の人気FX業者です。スプレッドは業界最狭水準、サポートも丁寧で親切。取引ツールも非常に使いやすく、いろいろなFX業者を渡り歩いてきましたが、結局DMMFXが一番使いやすかったです。
  • GMOクリック証券「FXネオ」
    GMOクリック証券の「FXネオ」は4年連続FX取引高世界第1位、預かり資産国内第1位の国内最大手のブローカーです。業界最狭水準のスプレッドに加え高スワップ、使いやすい取引ツールと初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれます。口座開設に迷ったらここかDMMFXを選んでおくと間違いありません。
    >>GMOクリック証券とDMM.com証券の比較はこちら
  • SBIFX TRADE
    SBIグループのFX業者。信頼性の高さと業界最低水準の取引コスト、また最小取引単位が1通貨(必要証拠金5円程度)と少額から始められるので、初心者を中心に人気があります。また詳細ページでも書いていますが、ユーザーへの情報開示も積極的に行っているため、スリッページやストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめ。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑