FXと株、破産しやすいのはどっち?

株やFXで破産したという人の話。誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

実際、一攫千金を狙ってギャンブル的な投資をして、大金を失ってしまうというのは、欲に目がくらんでしまった投資初心者にはよくある話です。

しかし、厳密に言うと、株式投資で破産することはあっても、FXで破産というのは、消費者金融で借金して取引でもしていない限りはそうありません。

何故なら、FXにはシステム的に、余程のことが起こらない限り、ストップロス注文が通らないということが、まずないからです。

スポンサーリンク

FXで破産が少ない理由

例えば、トレード資金100万円の人が、ドル円のレートが100円の時に、10万通貨のロングポジションをもったとしましょう。
首尾よくレートが上がって110円になれば、10円×10万=100万円の利益です。

が、予想に反し、逆に動いた場合。
例えば、ドル円のレートが90円にまで下がってしまった場合。
当然、マイナス100万円で、資金は0になる…と初心者の人は思うかもしれませんが、FXはトレーダーとFX業者との1対1の相対取引であるため、資金が0あるいはマイナスになることは、ほとんどの場合ありません。

FX業者は、そうなる前に強制ロスカットを発動。取引を終了させてしまうからです。

強制ロスカットとは、損失額を含めた時価評価総額が、FX業者の定める必要証拠金維持率を下回った際に発動する、投資家が破産しないための保護ルールです。

要するに、上の例だと口座資金は100万円。
ドル円10万通貨での取引に必要な必要証拠金は50万円前後ですから、時価損失が50万を超えたあるいは超えそうになった時点で、強制決済させられることになります(どのレベルで強制ロスカットが行われるかは業者により違います)。

ちなみに「投資家が破産しないための保護ルール」と書きましたが、実はこれはFX業者が損しないためのルールでもあります。
借金を背負ったユーザーが必ずしも借金を支払ってくれるとは限りませんよね?

そういった面倒を避ける意味でも、FX業者はユーザーの資金が0になる前に早めに強制ロスカットで取引を強制的に終了させてしまうのです。

つまり、必要証拠金以上に、口座のお金が減ることはないのがFXです。

勿論、例外はあって

  • 月曜日の朝、金曜日の終値とはかけ離れたレートで取引が始まった場合
  • FX業者のシステムが追い付かないくらいの大暴落が起こった場合

上記のような場合、口座に入れた証拠金以上のマイナス、つまり借金が生まれるケースもありますが、為替のレートの変動率は、せいぜい1日に平均1,2%程度。

どんなに大暴落があったとしても1日に10%以上も変動するようなことは稀でしょうから、FX業者のシステムが追い付かないといったケースはほとんどないと言えます。

口座資金100万円。
レバレッジ最高の25倍でドル円25万通貨の取引。
反対方向に400pips(4円分)動かないと口座資金はマイナスにならず、その前に強制ロスカットを食らう。

これがFXの取引システムなので、FXで破産(資金0以下になること)してしまうことは確率的にかなり低いと言えます。

勿論、破産がないからといって、大損のリスクがないわけではないので注意は必要ですが(笑)。

FXにはない株のリスク

このサイトでは、レバレッジをかけなければ、FXよりも株のほうがリスクが大きいと繰り返し書いてきました。

  1. 株はストップロスが必ずしも行われるとは限らない
  2. 株のほうが為替よりも1日の変動率が高い
  3. 株には破産リスクがある

まず、株は取引所取引、つまり投資家と投資家の取引なので、買いたい(売りたい)株があっても、売ってくれる人(買ってくれる人)がいなければ、売買は成立しません。ストップ高やストップ安が連日のように続いた場合、ロスカットができず、自分の投資金が0になるのを指をくわえて、見ているほかありません。

それに株には破産リスクがあります。
かの有名な投資家、BNF氏が2008円9月にリーマン・ブラザーズ株を約7億円分購入したが、その2日後に同社が倒産。7億円分の持ち株がたったの2日で、ただの紙くずに代わってしまったそうです。

国家の通貨である為替の取引であるFXでは、少なくとも今のところ、そういったことはありません。

株の信用取引のリスクの高さ

もう一つ、株の信用取引について。

株にはないFXの利点として「売りからでも参入できる」というものがあり、不景気における下落局面でも利益をあげることができるのですが、信用取引というものを使えば、株式投資でも、売りから入ることは可能です(空売りといいます)。

しかし、株の空売りのリスクの高さは、破産どころでは済みません。

何故なら、株の上昇は青天井。
1年で株価が100倍になる、なんてケースも過去存在したからです。

例えば。

あなたが投資金100万円で、A社の株を1株100円で1万株空売りしたとします。

うまく70円とかに下がってくれれば、その時に買い戻せば、30円×1万で30万円の利益になりますが、逆に動いた場合。

しかも連日のストップ高で買い戻すことができず、100→200円→300円とどんどん上がっていったとしましょう。

200円で買い戻すことができれば、(200-100)円×1万円で100万円の損失。資金が0になるだけで済みますが、300円まで買い戻せなかった場合、マイナス100万円。つまり100万円の借金になります。

もっともっと株価が上昇していった場合はさらに損失が膨らみますし、これは投資金が100万円の例ですが、もし投資金が数億円だった場合や、さらにレバレッジをきかせていた場合(信用取引は3倍までレバレッジが利かせられる)は、もう悲惨の一言に尽きます。

  • FXで大損した人=入金額の半分程度を損した人が多い
  • 株で大損した人の中には、信用取引で数億円の借金を抱えてしまった人もいる

かの有名なBNF氏も「株の空売りはしない」と言っているくらい、株の空売り信用取引は危険です。上記の例を見ると、そのことがよく理解してもらえるのではないでしょうか。

勿論、FXのハイレバトレードも、レートが飛ぶような大変動が起きれば、非常にリスクが高いことは間違いありませんし、株の空売りも銘柄選びに自信がある上級者なら、うまく利益につなげることができるのでしょう。

ただ、初心者の視点で見た場合、業者のシステムで守られているFXのほうが、大損する確率は低い(低レバレッジ前提)、と言えるのではないでしょうか。

しかもFXの場合、SBIFXトレードのように、かなりの少額(100円程度)から始められる業者もあるので、少額からの取引で慣れていけば、より安全にFXを始めることができるのも株取引にはない大きな利点です。

その他のFX業者でもデモ口座が用意されているので、1ヵ月程度の練習を行ってから本番に臨むことが可能です。


これからFXを始める人におすすめの3社

  • DMM.com証券「DMM FX」
    DMM.com証券「DMM FX」は、GMOクリック証券「FXネオ」と並んで国内最大手の人気FX業者です。スプレッドは業界最狭水準、サポートも丁寧で親切。取引ツールも非常に使いやすく、いろいろなFX業者を渡り歩いてきましたが、結局DMMFXが一番使いやすかったです。
  • GMOクリック証券「FXネオ」
    GMOクリック証券の「FXネオ」は4年連続FX取引高世界第1位、預かり資産国内第1位の国内最大手のブローカーです。業界最狭水準のスプレッドに加え高スワップ、使いやすい取引ツールと初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれます。口座開設に迷ったらここかDMMFXを選んでおくと間違いありません。
    >>GMOクリック証券とDMM.com証券の比較はこちら
  • SBIFX TRADE
    SBIグループのFX業者。信頼性の高さと業界最低水準の取引コスト、また最小取引単位が1通貨(必要証拠金5円程度)と少額から始められるので、初心者を中心に人気があります。また詳細ページでも書いていますが、ユーザーへの情報開示も積極的に行っているため、スリッページやストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめ。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑