MT4で日本時間を表示させてくれるインジゲーター

MT4をインストールしたら、まず最初にしたいことは、チャートの表示時間の変更です。
メタトレーダーは海外のトレーディングソフトなので、チャートの時間軸は、日本時間ではありません。
経済指標の発表時間等をにらみながらトレードをするタイプの人は、非常に見づらいので、要注意です。

スポンサーリンク

MTへのインジゲーターの追加の仕方

MT4には便利な機能がたくさんあって、その一つがインジゲーターの追加です。
インジゲーター(indicator)とは、直訳すると「指標」のことで、多くの場合は、移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標をさします(この場合は違いますが)。

MT4では、世界の誰かが作った(カスタマイズした)オリジナルのインジゲーターを表示する機能が備わっているので、これを使わない手はありません(オリジナルのインジゲーターはたいていネット上で配布されています)。

と、まあ、インジゲーターの説明は置いといて、いずれ使うことになるであろう、この機能、まずはチャートの表示時間を日本時間にしてくれる便利なインジゲーターでテストしてみましょう。

チャート横軸に日本時間を表示するJPN_Time_Sub

まずは、上記サイトで配布されているJPN_Time_SubZero.mq4というファイルをダウンロードしてください。

次にMT4の取引画面最上部にある

ファイル→データファイルの順にクリック。

MT4では新しいインジゲーターやEAなどはこのデーターファイルに入れることになるので覚えておいてください。

データーファイルの中にある「MQL4」ファイルを開くと、中に「Indicators」というファイルがあるので、そこに先ほどダウンロードしたJPN_Time_SubZero.mq4を保存します。

その後、再び、MT4の取引画面に戻り、画面最上部の

挿入→カスタム→JPN_Time_SubZero

選択すると、チャートの時間表示が日本時間のものに変更されています(カスタムとはカスタムインジゲーターの略)。
ただし、夏時間と冬時間で1時間のずれが生じるため、設定でいちいち半年に一回調整する必要があるので、その点だけが面倒です。

日本語対応のFX業者もある

上記のような設定はMT4が英語表記であるため、少々見づらい部分もあると思います。

そういう場合、日本語対応型のMT4業者に口座を開く、という手もあります(どのみち、遅かれ早かれ、MT4で自動売買や直接取引するには、MT4業者に口座を開設する必要があります)。

例えばFXCMジャパン(現楽天証券)のMT4口座では、通常、英語表記になっているMT4が全て日本語表記になって使いやすいです。

チャートの時間軸は、設定から変更する必要がありますが、日本語表記なのでややこしいところはほとんどありません(24時間電話サポートもありますし)。

ちなみに冬時間ではMT4に表記されている時間に7を足したものが日本時間になります(夏時間では6)。

夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日
冬時間:11月第1日曜日~3月第2日曜日

この場合でも半年に1回は設定しなおす必要があるわけで、面倒なことに変わりはありませんが(笑)。


MT4は難しい!という人におすすめ

  • FXプライムbyGMO「ちょいトレFX」
    FXプライムbyGMOのちょいトレFXは、プログラム知識がなくても、移動平均線やボリンジャーバンド、RSIなどを組み合わせて、オリジナルの売買シグナルを作成、それを使って自動売買が行えるというMT4とほぼ同等のことができるシストレサービス。自分だけのストラテジーを作りたい、でもMT4はプログラミングができないし…・・と言う方におススメ。
    >>FXプライムbyGMO「ちょいトレFX」とは?

関連記事一覧

PAGE TOP ↑