FXの不労所得だけで生活していくには?

↓【PR】お得なキャンペーン中!↓

不労所得とは、書いて字のごとく、労さずに手に入れることのできるお金。
マンションの家賃収入や小説の印税、FXのスワップ金利、株の配当金など、何もしなくても入ってくるお金のことです。

最近ではブログやYOUTUBEでの広告収入なんかも不労所得の一種と言えるかもしれません(厳密には不労所得ではありませんが)。

月2、3万でも毎月の給与にプラスアルファがあればもっと楽に生活できるのに……と思っている人は多いと思いますが、実際に上記のような手段で不労所得を得るのはなかなか大変です。

不労所得を得るための手段として、FXや株式投資を例に挙げましたが、結論から言うと、FXのスワップ金利や株の配当で安定して毎月数万円の収入を得るには、ある程度の種銭が必要です。

不労所得で生計をたてることの難しさ

不労所得を得たいと考えている人には2つのタイプが存在すると思います。

  1. 毎月数万円でいいから本業以外の収入があれば……。
  2. 一切働かなくても食べていけるだけの収入(月20万から30万ほど)が欲しい

言うまでもなく、後者のほうがはるかに難易度が高く、例えばFXのスワップ金利等では年利10%から30%程度が限界です。

  1. トルコリラ円:年利約35%
  2. 南アフリカランド円:年利約20%
  3. NZドル円:年利約5%
  4. 豪ドル円:年利約5%

世界の高金利通貨にレバレッジ3倍程度で投資すれば、大体上記程度のスワップ金利を得ることが可能です。

要するに、毎月20万から30万のスワップ収入を得るには、投資金は最低でも約1000万前後は必要になってきます(月2,3万で満足なら投資金100万円でも可能です)。

しかし、そもそも若くして貯金が1000万以上あるような人はそんなに多くないと思われますし、仮に貯金が1000万円以上あったとしても必ずしも毎月20万から30万の収入がノーリスクで得られるわけではありません。

FXには為替変動のよる為替差損という、元本割れのリスクが常にあるためです。

為替変動リスクをほぼ0にできるスワップ鞘取りという投資手法もありますが、この場合、リスクと引き換えに、貰えるスワップポイントは激減することになります。

FXスワップ金利サヤ取りでどれくらい稼げる?

要するに

  1. 金利や配当などで不労所得を得るにはそれなりの投資金が必要
  2. リスクを低く抑えたいならさらに多くの種銭が必要

ということです。

これはFXや株式投資だけの話ではなく、小説の印税やアパートの家賃収入なども同じです。
小説で安定して高い印税を得つづけるためには、相当な売れっ子作家になる必要がありますし、そこに至るまでには相当数の小説を書かなければなりません。
アパートやマンションお家賃収入も、それを得るためにはまずは数億円から数十億はするであろう不動産を購入する必要があり、不労所得の合計額が投資金を上回るまでには相当な年数が必要です。

ブログやYOUTUBEなどの広告収入に至っては、厳密に言えば不労所得ではなく、例えばブログで広告収入を得続けるためには、常に新しい記事を更新しつづける必要があります(つまり労働所得)。

こう考えると、金融資産に乏しい、いわゆる貧乏人が不労所得で生活していくというのは非常に難しいことがわかりますね。

FXで不労所得と経済的自由を得るための大事な考え方

不労所得を得て、汗水流さずことなく、食べていくことのできるのは一部のお金持ちだけ。

というのが、ここまでの結論ですが、では、大した金融資産を持たない貧乏人は一生汗水流して働き続けなければいけないのか、と言われるとそうではありません。

貧乏人が一気に大金持ちになるためには宝くじに当たるなり、ギャンブルで大当たりをする以外、筆者は方法を知りませんが、貧乏人から小金持ちにステップアップする程度ならいくらでも方法は思い浮かびます。

例えばFXで月2,3万の不労所得を得たいと考えるなら、まずは100万くらいでよいので投資金をためる。
それまではあくせく働いてできる限り節約して、少しでいいから毎月貯金する。

100万円が貯まったらFXのスワップ金利等で年利10%程度を目指し、節約も継続しながら、更にどんどん投資金を増やしていく。

こういうやり方だと時間はかかりますが、しかし確実に資産は増えていきます。

もし、もっと時間をショートカットいたいと感じるなら、デイトレ等をしても良いし、もっと確実かつノーリスクでお金を貯めたいならアルバイトなどの副業も良いかも知れません。

しかし、いずれの方法を選択する場合においても、常に念頭に置いておくべきことは2つです。

それは

  1. 貧乏人から大金持ちに一気にのし上がる方法はギャンブル以外にない
  2. 貧乏人から小金持ち、小金持ちから中金持ち、中金持ちから大金持ちへとステップアップすることは実はそれほど難しくない

ということです。

以前、FXで億万長者になることは可能かという記事でも書きましたが、例えば、複利の力を使えば20年くらいかければ資産1億円を作ることは誰にでも可能です。

  1. 投資金100万円からスタート
  2. 毎月10万円づつ節約してFXの投資金に積み立てる
  3. 年利10%(月利1%程度)を目指す

上記の3条件を満たすことができれば約23年で資産1億円を突破します。
20代前半から始めれば40代半ばで億万長者です。

上記は年利10%と結構低めの数字でしたが、年利20%ならもっと早く到達可能です。

FX勝ち組と負け組の差は意識にある

FX勝ち組というと「1年で10万円を1億円にした」「資産100億円!」みたいな派手なイメージが先行しがちですが、実際、FXで生計を立てている人の多くは、一部を除いて堅実的な考え方の持ち主が多いです。

言い方を変えれば、堅実的な考え方で、しっかりとリスク管理をしていたから、厳しい投資の世界で生き残ることができた、とも言えます。

  1. FXや株式投資で破産した人の多くは一気に大金持ちを目指す、いわゆるギャンブルトレードの結果
  2. FX勝ち組は、あまりリスクを取らずに着実に資産を増やし続けている

何度も言うように、貧乏人が一攫千金を得るにはギャンブル以外に方法はなく、そしてギャンブルは非常にリスクが高いです。
下手すれば、破産してしまいます。

しかし、一気に大金持ちを目指すのではなく、まずは小金持ちを目指す、といった考え方で着実にステップアップしていくことは時間はかかりますが、リスクは低く、ほとんどの人に達成可能です。

若いうちに時間と労力を惜しまず将来のために投資することができれば、定年退職前の早期リタイアは、誰にとっても、決して夢物語ではありません。

筆者は30代前半から投資を始め、今も徐々に不労所得を増やし続けることに成功しています。

厳密に言うと、筆者のトレードスタイルはデイトレなので、不労所得ではなく労働所得なのですが(笑)。

不労所得を得る手段は複数あったほうが良い

ちなみに、筆者はFX投資だけでなく、広告収入のためにブログも3つほど運営しています(このブログもその一つです)。

広告収入も、厳密に言うと、不労所得ではなく労働所得ですが、特に時間に縛られることがない、という点では不労所得に近いものがあります。
金額のほうはそれほどではありませんが、FX投資でのリスクヘッジには十分なりますし、何より収入源が複数あったほうが、精神的に楽になります。

今月FXで赤字!
でも広告収入が順調だったので合計するとプラス!

なんてこともあったりします(なので、FXをやってる人は、同時にブログも運営しておくと、考え方の整理にもなるしリスクヘッジになることもあるのでおすすめです)。

いずれはスワップ金利など完全な不労所得だけで生計を立てていきたいと考えていますし、10年前と比べて種銭は10倍近くにまでなっていますが、老後のことを考えるとまだまだ十分とは言えません。

要するに今後ともまだまだ頑張りが必要なようです(笑)。

筆者もまだ若い(つもり)ので怠けずに、今後もできる限り、時間と労力と(少しの節約)を惜しまず、頑張っていきたいと考えています。
できれば40代のうちに早期リタイアしたかったのですが、今のペースだとちょっと難しそうです(泣)。
もっと早く20代前半から頑張っていればこんなことにはならなかったのですが……。

もしあなたがまだ20代で頑張る気力がみなぎっているなら、始めるなら早いほうが良いので、やるなら今のうちですよ。

勿論、FXや株をやれ!と言っているわけではありません。

繰り返しますが、小金持ちになる手段は複数あるわけですから、必ずしもリスクの伴う投資を選択する必要性はありません。

ギャンブルで楽して一攫千金を目論まずに、着実に知識とスキルと種銭を増やし続けるための努力を続ける。

大切なのは、この姿勢だけです。

将来的に経済的自由を得たいなら、一部の天才を除いて、一般人はやはり適切かつ継続的な努力は必要不可欠です。

若いうちから適切かつ継続的な努力をし続けていれば、10年、20年とたった時、気がつけば、あなたは何らかの不労所得と多少の経済的自由を得ているに違いありません。

FXで不労所得を得る2つの方法

ちなみにFXで不労所得を得るにはスワップ金利という仕組みを使うか、トラリピシストレ24などの自動売買サービスを利用する必要があります。

スワップ投資の場合、トルコリラ円なら、スワップ金利だけでも年利18%以上が見込めます。
が、ただしトルコリラの場合、カントリーリスクも相当あるようです。

年利10%!トルコリラ投資の魅力とリスク

オーストラリアドルへのスワップ投資なら、今のところそれほどリスクはありませんが、豪ドル円はレバレッジ3倍でも年利6.6%程度と年利10%には到底届きません。

豪ドル円のスワップ金利だけで月10万稼げるか?

また、前述したようにスワップ金利サヤ取りという投資手法もありますが、こちらは為替リスクはほとんどないものの、資金の移動などが意外と面倒で、手間がかかる割にそれほど収益は見込めません。

FXスワップ金利サヤ取りでどれくらい稼げる?

やはり、低リスクかつハイリターンな投資手法というのは、なかなか見つかりませんね。

ちなみに筆者の考えるもっともリスクが低く、かつ高いリターンが期待できると思うのはトラリピです。
ただし、トラリピはその仕組み(メリット・デメリット)をしっかりと理解していないとFX初心者の方には少し抵抗があるかもしれません。

トラリピとは?

勿論、FXで数年で10億稼いで、後は遊んで暮らす!というのであれば、トレード手法はデイトレでもスキャルピングでもなんでもかまいませんが(笑)。

これからFXを始める人におすすめの3社

  • DMM.com証券「DMM FX」
    DMM.com証券「DMM FX」は、GMOクリック証券「FXネオ」と並んで国内最大手の人気FX業者です。業界最低水準の取引コスト、サポートは24時間対応、取引ツールも非常に使いやすく、FX初心者にとって必須の条件が揃っています。いろいろなFX業者を渡り歩いてきましたが、結局DMMFXが一番おすすめです。
    現在、お得なキャンペーン中です。
  • GMOクリック証券「FXネオ」
    GMOクリック証券の「FXネオ」は5年連続FX取引高世界第1位、預かり資産国内第1位の国内最大手のブローカーです。業界最狭水準のスプレッドに加え高スワップ、使いやすい取引ツールと初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれます。口座開設に迷ったらここかDMMFXを選んでおくと間違いありません。
    >>GMOクリック証券とDMM.com証券の比較はこちら
  • SBIFX TRADE
    SBIグループのFX業者。信頼性の高さと業界最低水準の取引コスト、また最小取引単位が1通貨(必要証拠金5円程度)と少額から始められるので、初心者を中心に人気があります。また詳細ページでも書いていますが、ユーザーへの情報開示も積極的に行っているため、スリッページやストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめです。

関連記事一覧

スポンサーリンク

口座開設数1位のDMMFX。今なら500lotの取引で最大20000円キャッシュバック(詳細は公式サイトで)。

最も少ない証拠金で取引可能。1万通貨以下なら取引コストも業界最低水準です。

人気のシストレ24が更に進化しました! シストレに興味のある方は要チェックです。

FX初心者の方はこちら

FXよくある質問・Q&A集
PAGE TOP ↑