豪ドル円のスワップ金利だけで月10万稼げるか?

FXにはキャピタルゲインだけでなく、スワップ金利というインカムゲインも期待できるという特徴がありますが、では、果たして、スワップ金利だけで月10万の収入を得ることは可能でしょうか。

スポンサーリンク

長期投資は豪ドル円がベスト?

FXでの長期投資といえば高金利通貨でありながら、比較的経済水準も安定している豪ドルを選ぶ人が多い様に思います。
トルコリラなど、もっと高い金利が期待できる通貨もあるのですが、高金利であるということは、「高い金利を餌にしないと、誰も買ってくれない」ということでもあります。すなわち、そういった通貨に投資するのは、リスクもそれなりに高い。

しかも、いまいち日本人にとってあまりなじみがない国の場合、情報も入ってきにくいため、リスクが発生していたとしても、なかなかニュース等で報道されなかったりします。

豪ドルで計算してみる

というわけで、ここでは、日本人に大人気の通貨ペア、豪ドル円でのスワップ金利で、検証してみたいと思います。

まず、月10万円稼ぐためには、1日3333円の利益が必要です。

豪ドル円のスワップポイントは、2016年現在、ほとんどのFX業者が50から80円程度。
仮に80円として計算した場合、1日3333円のスワップ金利を得るためには、ざっと40万通貨以上のロングポジションが必要なことがわかります

豪ドル円のレートを90円として計算した場合、レバレッジが1倍なら3600万必要です。10倍なら360万程度。
長期投資はレバレッジ2から3以下でやるのが普通(それ以上だとリスクが高くなりすぎる)なので、仮にレバレッジ3倍だと仮定します。

その場合、必要証拠金は1200万で、月10万×12で年120万の利益だから、年利は丁度10%の計算になります。

2008年のリーマンショック以来、大幅に政策金利を引き下げたオーストラリアですが、それでも、レバレッジをきかせれば、年利10%くらいは得られる計算になります。

しかし、これはずっと豪ドル円のレートが90円前後で収まってくれた場合です。

下図の豪ドル円のここ20年のチャートをみても、最悪50円くらまで下がる可能性は0ではありません。

goudoru10chart

50円まで下がると、損失40万通貨×(90-50)=で1600万円の損失になります。

この程度の損失に耐えられるだけの余裕資金があれば、結構安全に、豪ドル円のスワップ金利だけで月10万円は稼げそうです。

ただし年利10%というのは、それほど難しい条件ではありません。1000万以上の資産があるなら、株式投資でも、FXのシステムトレードでも、うまくポートフォリオを組むことができれば、ローリスクで十分、稼げる数値だと思います。

そう考えると、現在の金利が下がってしまっている状態の豪ドル円でのスワップ目当ての長期投資は、あまり賢い選択肢ではないという気がします。

現在の高金利通貨の主役は完全にトルコリラに移っているようです。

トルコリラならレバレッジ1倍でも年利10%、レバレッジ5倍なら40%を越えます(セントラル短資FX調べ)。

オーストラリアほどトルコの経済は盤石ではなく、その点が気がかりではありますが、この高スワップは魅力ですね。

FXのデイトレだと…

ちなみに、FXのデイトレだと、月10万円というのは、うまくいけば一瞬で稼ぐことができます。

豪ドル円40万通貨をレバレッジ3倍で運用するためには、最低1200万必要だと前述しました。

これをドル円30万通貨でのデイトレに変えてみると、この場合、必要証拠金はレバレッジ1倍だと3000万、3倍だと1000万になります。

1回30pipsをリカクと損切り幅に設定し、1日10回トレードして6勝4敗の成績を収めることができるだけで、なんと利益は18万。
あっという間に1日で、目標月10万を達成です。

たったの勝ち越し2だけでOK。

勿論、月10万が目標なわけですから、1日で2勝分勝ち越す必要はなく、一カ月で2勝、勝ち越せばよい計算になります。

一カ月のトレード回数100で、51勝49敗(勝率5割1分)。これで月18万です。

こうしてみると、FXはスワップ金利目当ての長期投資よりも、レバレッジをきかせたデイトレのほうがはるかに稼ぎやすいような気がしませんか?

勿論、2つ勝ち越しただけで月18万ということは、2つ負け越しただけで-18万ってことでもあるので、どちらが良いとは、一概には言えませんが、個人的には、はるかにデイトレのほうが魅力的に感じてしまいます。


これからFXを始める人におすすめの3社

  • DMM.com証券「DMM FX」
    DMM.com証券「DMM FX」は、GMOクリック証券「FXネオ」と並んで国内最大手の人気FX業者です。スプレッドは業界最狭水準、サポートも丁寧で親切。取引ツールも非常に使いやすく、いろいろなFX業者を渡り歩いてきましたが、結局DMMFXが一番使いやすかったです。
  • GMOクリック証券「FXネオ」
    GMOクリック証券の「FXネオ」は4年連続FX取引高世界第1位、預かり資産国内第1位の国内最大手のブローカーです。業界最狭水準のスプレッドに加え高スワップ、使いやすい取引ツールと初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれます。口座開設に迷ったらここかDMMFXを選んでおくと間違いありません。
    >>GMOクリック証券とDMM.com証券の比較はこちら
  • SBIFX TRADE
    SBIグループのFX業者。信頼性の高さと業界最低水準の取引コスト、また最小取引単位が1通貨(必要証拠金5円程度)と少額から始められるので、初心者を中心に人気があります。また詳細ページでも書いていますが、ユーザーへの情報開示も積極的に行っているため、スリッページやストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめ。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑