RCIの基本的なシグナルと使い方

RCI(Rank Correlation Index)とは、直訳すると「相関性をランク付けして指標にしたもの」になります。

RCIは統計学における「スピアマンの順位相関係数」を相場分析に応用したもので、通常のテクニカル指標が価格や期間に着目するのに対し、RCIでは「順位付け」という新しい概念を相場分析に取り込んでいます。

スポンサーリンク

RCIの基本的な見方

RCIの計算式は以下のようになります。

RCI=(1-(6×d)÷(nの3乗-n))×100
d:「日付の順位」と「価格の順位」の差を2乗し、合計した数値
n:期間
日付の順位:当日を1、として前日は2、2日前は3といった具合につけた順位
価格の順位:期間中の最高値を1とし、その次点が2,さらにその次点を3といった具合につけた順位

統計学を応用しているだけあって計算式は非常に難解です。
が、重要なのは計算式を理解することではなく、使い方・シグナルを覚えることです。

RCIのシグナル

他のオシレーター系指標と同じく、一定ラインより上で買われ過ぎ、一定ラインより下で売られ過ぎ、と判断するのが基本的な使い方です。

rci1

上の画像では上のラインを+80%、下のラインを-80%で設定ていますが、80を90%にして、フィルターを強めても構いません。

  • +80(90)%ラインよりも上で買われ過ぎ
  • -80(90)%ラインよりも下で売られ過ぎ

またRCIの向きにも注意を払います。

  • +80%ラインより上で反落したら逆張りの売り
  • -80%ラインより下で反発したら逆張りの買い

RCIはトレンド系テクニカル指標としても使える

また、RCIは他のオシレーター系指標と違いラインが滑らかであるという特徴があり、トレンド系テクニカル指標、例えば、移動平均線と同じようにして見ることもできます。

以下の画像は短期線9(黄色)、中期線26(赤)、長期線52(青)で表示したものですが、移動平均線同様、短期線と中長期線とのゴールデンクロス、デッドクロスをシグナルとして見ることもできます。

rci2

特に上限、下限付近で発生したゴールデンクロスとデッドクロスを強いシグナルとして見るのはMACDストキャスティクスと同様です。

  • +80%ラインより上で短期RCIが中長期RCIをデッドクロス
    強い売りシグナルとみる
  • -80%ラインより下で短期RCIが中長期RCIをゴールデンクロス
    強い買いシグナルとみる

さらにゴールデンクロス、デッドクロスの時にRCIが上向き(下向き)であれば、更に信憑性が高まります。

移動平均線と同じように使うこともできますが、基本的にRCIは逆張り系のオシレーターなので、トレンドの強い相場に弱いです。

強いトレンドが発生している時には、上限下限に張り付いてガーベージトップ、ガーベージボトムを形成しやすくなるので、その場合はトレンド系のテクニカルツールに切り替えるなどの工夫が必要です。


これからFXを始める人におすすめの3社

  • DMM.com証券「DMM FX」
    DMM.com証券「DMM FX」は、GMOクリック証券「FXネオ」と並んで国内最大手の人気FX業者です。スプレッドは業界最狭水準、サポートも丁寧で親切。取引ツールも非常に使いやすく、いろいろなFX業者を渡り歩いてきましたが、結局DMMFXが一番使いやすかったです。
  • GMOクリック証券「FXネオ」
    GMOクリック証券の「FXネオ」は4年連続FX取引高世界第1位、預かり資産国内第1位の国内最大手のブローカーです。業界最狭水準のスプレッドに加え高スワップ、使いやすい取引ツールと初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれます。口座開設に迷ったらここかDMMFXを選んでおくと間違いありません。
    >>GMOクリック証券とDMM.com証券の比較はこちら
  • SBIFX TRADE
    SBIグループのFX業者。信頼性の高さと業界最低水準の取引コスト、また最小取引単位が1通貨(必要証拠金5円程度)と少額から始められるので、初心者を中心に人気があります。また詳細ページでも書いていますが、ユーザーへの情報開示も積極的に行っているため、スリッページやストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめ。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑