サイコロジカルラインの基本的なシグナルと使い方

サイコロジカルライン(Psychological line)とは、直訳すると、心理的なラインを意味します。
相場の動かすのは、投資家であり、投資家は人間である以上、心理的な束縛を免れません。
今の相場が怖い、わからないと感じれば弱気になり、自信がある時は、強気になります。

そういった投資家心理を数値化して、チャート上に表示しよう、という試みのもとに考案されたのが、このサイコロジカルラインというテクニカル指標です。

スポンサーリンク

サイコロジカルラインのシグナル

サイコロジカルラインは非常に単純な計算式であらわされます。

サイコロジカルライン=(ある一定期間の価格が上昇した日数)÷(対象期間の日数)×100

例えば、相場が上がる確率と下がる確率が同じだとします。

その場合、ここ10日間のうち、9日で価格は上昇(ローソク足は陽線)、1日だけ価格が下落していたとします。

上がる確率と下がる確率が同じだと仮定すれば、確率論的に、これだけ価格が上昇する日が続けば(10日中9日)「そろそろ下落基調に入るはず」と多くの人が思うでしょう。

サイコロジカルラインの見方は、まさにこれと同じです。
サイコロジカル(心理的)とサイコロをかけたジョークのつもりなのか!と疑いたくなるくらい単純な考え方ですね(笑)。

一般にサイコロジカルラインでは

過去12日間において9日以上陽線があれば、相場が強気と判断して順張りでの買いエントリー……ではなく、買われ過ぎと判断して、逆張りでの売りサインになりあす(逆は逆張りでの買いサイン)。

これは過去10年間のチャート分析から12日間中9日以上(75%以上)陽線が占めることは確率的に稀である、という経験則に基づいているだけで、小難しい数学的な計算式は一切ありません。

単純ではありますが、実際、相場を動かす人間は回り回って、裏の裏は表となって、結局、シンプルな考え方に帰結しやすい生き物です。
難しい理論を振りかざしたテクニカル指標が人気を博す中、サイコロジカルラインがひっそりとではありますが、確実に多くのトレーダーの支持を受けるようになった理由はそこにあるような気がします。

  • サイコロジカルラインが25%以下で買い
  • サイコロジカルラインが75%以上で売り

以下の画像では赤のラインが75と25になっています。

psychological1

サイコロジカルラインはFXには向かない?

上の画像を見て、一目わかるのがダマシの多さでしょう。
値動きのあまりない相場状況では、ほとんど全く役立たずの指標になってしまっています。

1日で100pips上がった日も10pipsしか動かなかった日も、同じ「上昇した日」としてカウントされてしまうため、トレンドの強さを明確につかんでいるとは言えないからです。

以下の画像はそれなりに値動きのある相場ですが、それでも、それほど的中率が高いとは言えませんね。

psychological2

特に為替相場は株式相場と比べて「普段は値動きが小さく、動き出すと大きく動く」という特徴があるため、逆張りよりも順張りトレンドフォロー戦略のほうが有効とされています。

そういう意味では、あまりFX向きのテクニカルツールではない、と言えるのかもしれません。

短い時間足を使っての、値動きの激しい通貨ペア(ポンド円やポンドドルなど)での逆張りスキャルピング、ならそれなりに有効なのかもしれませんが、それでも株式投資ほどの有効性は期待できないように思います。

あくまで他のテクニカル指標をメインに、補助的なツールとして使うのが正解なのかもしれません。
個人的には、わかりやすくてよく参考にする指標ではあるのですが。

RSIはサイコロジカルラインの上位互換?

ちなみにサイコロジカルラインの考え方に、上昇幅や下落幅といった、いわゆる「変動幅」の概念を加えたものがRSI(相対性指数)と呼ばれるテクニカル指標になります。

RSIの基本的な見方・使い方

RSIはテクニカルトレーダーなら知らない人はいない、と言えるほど超有名指標ですが、実はこちらも逆張り型であり、レンジ相場には強いものの、トレンドフォローには向かないテクニカル指標になっています。

ただ、価格の変動の値を加味している点で、トレンドの勢いを図るのには、サイコロよりもこちらのほうがはるかに優秀です。
使っている人もRSIのほうが圧倒的に多いので、初心者の方はよほどの理由がない限り、RSIを用いたほうが無難と言えます。


これからFXを始める人におすすめの3社

  • DMM.com証券「DMM FX」
    DMM.com証券「DMM FX」は、GMOクリック証券「FXネオ」と並んで国内最大手の人気FX業者です。スプレッドは業界最狭水準、サポートも丁寧で親切。取引ツールも非常に使いやすく、いろいろなFX業者を渡り歩いてきましたが、結局DMMFXが一番使いやすかったです。
  • GMOクリック証券「FXネオ」
    GMOクリック証券の「FXネオ」は4年連続FX取引高世界第1位、預かり資産国内第1位の国内最大手のブローカーです。業界最狭水準のスプレッドに加え高スワップ、使いやすい取引ツールと初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれます。口座開設に迷ったらここかDMMFXを選んでおくと間違いありません。
    >>GMOクリック証券とDMM.com証券の比較はこちら
  • SBIFX TRADE
    SBIグループのFX業者。信頼性の高さと業界最低水準の取引コスト、また最小取引単位が1通貨(必要証拠金5円程度)と少額から始められるので、初心者を中心に人気があります。また詳細ページでも書いていますが、ユーザーへの情報開示も積極的に行っているため、スリッページやストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめ。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑