1000通貨(1万円以下)からFXを始められる業者一覧

店頭FX取引では、数年前まで注文をだす際の最小取引単位は1ロット(1万通貨)でした。

1ロットでの取引の場合、必要証拠金は米ドル円の場合だと5万円ほど。
これは株式投資などに比べれば少ない金額なのですが、実際はFXはレバレッジを効かせることができるため、ハイリスクなトレードをする人が多く「FXはリスクが高い」という印象を多くの人に与えてしまう結果になってきました。

そこで近年「FXはハイリスクである」というイメージを刷新するためか、0,1ロット(1000通貨)以下での取引に対応している業者が増えてきました。

今では、ほとんど全ての業者が1000通貨単位での取引に対応していて、対応していないのは、大手ではGMOクリック証券「FXネオ」DMMFXくらい、というのが現状です。

1000通貨なら、必要証拠金は約5000円程度(1万通貨の時の10分の1)なので、1万円もあれば、十分にFXを始めることができます。
少しアルバイトでもすれば、未成年の方でも簡単に用意できる資金なので、貧乏大学生やフリーターの人でも、気軽にFX取引を始められるようになっています。

スポンサーリンク

1000通貨未満(証拠金1万円未満)でも取引できるFX業者一覧

以下が、最低取引単位が1000通貨以下のFX業者の一覧です。

FX業者最低取引枚数
SBIFXトレード1通貨
OANDA1通貨
マネーパートナーズ100通貨
FXプライムbyGMO1000通貨
外為ジャパン1000通貨
ヒロセ通商1000通貨
YJFX!1000通貨
外為どっとコム1000通貨
FXTS1000通貨
JFX1000通貨
外為オンライン1000通貨
セントラル短資FX1000通貨
マネックスFX1000通貨
FXトレードフィナンシャル1000通貨
M2J1000通貨
みんなのFX1000通貨

これを見てもらうとわかると思いますが、先ほど述べたとおり、GMOクリック証券とDMM.com証券のトップ2以外は、有名どころほぼ全ての業者が1000通貨以下での取引に対応しています。

ちなみにGMOクリック証券とDMM.com証券が1000通貨での取引に対応しない理由は、同じグループ会社(FXプライムbyGMOと外為ジャパン)が1000通貨での取引に対応しているから、というのがあると思いますが、外為ジャパンは問題ありませんが、FXプライムbyGMO1000通貨での取引の場合手数料(30円)が発生するので要注意。

また、SBIFXトレードが最低取引単位が1通貨なのは、デモトレードができないからです。
デモ口座で練習する代わりに、1通貨での取引で、取引ツールの使い方やFX取引の基本的なやり方について学んで欲しいという配慮がされています。

マネーパートナーズも100通貨から取引可能な「FXnano」という口座を用意していますが、こちらは最低取引単位1万通貨である従来の「パートナーズFX」とはスペックや取引ツールが全く違うので、注意が必要です。

マネーパートナーズもデモ口座がないので、まずは100通貨で練習したいところですが、こちらは「100通貨での取引に慣れたからパートナーズFXに移行して取引枚数を増やそう」というわけにはいきません。

パートナーズFXに移行するためには実質口座を移し替えて、新しい取引ツールやスペックに慣れる必要があるので、この点でSBIFXトレードとは全く意味合いが異なることになります。

この点にも注意しておきましょう。

初心者は1000通貨から始めたほうが良い理由

基本的に、FX初心者は1000通貨から取引を始めたほうが無難です。

ドル円は基本的に1日で1円ほど動く(他の通貨でも2,3円程度)ので、1万通貨での取引でも1日たった1万円のプラスマイナス程度にしかなりません。

だから、別に1万通貨でもそれほどリスクがないのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし、筆者の体験談でも述べたように、FX初心者はついついナンピンという手法を多用しがちです。

1万通貨での取引だと、損切りをためらい、ナンピンをしているうちに、保有ポジションが10ロットまで膨らんでいた、なんてことは結構よくある話です(勿論、その場合は大損に繋がります)。

そういう意味でも1000通貨未満での取引から始めたほうが、初心者にありがちな「FXを始めて半月で貯金が半分になった」なんて事態を防ぐことになります。

1万円失うのはあっという間

それに1000通貨での取引でも、1万円失うのはあっという間です(逆に1万円勝つまでは長く感じます)。

これは人間心理として、得たものよりも失ったもののほうが大きく感じるからです

1000通貨での取引だから、そんなに大けがすることはないだろう、と高を括っていると、1万円なんて本当にあっという間になくなるので、気を付けましょう。

また、たった1万円と思うしれませんが1万円勝ってもそれほどうれしくありませんが1万円負けるのは精神的に結構痛いです

これはおそらく一度経験するまでは、ピンと来ない話かもしれませんので、そういう意味でも、まずは1000通貨での取引から始めて、初めのほうで何度か痛い目をしておいたほうが、後に取り返しのつかない事態に陥るのを避けることができます。


これからFXを始める人におすすめの3社

  • DMM.com証券「DMM FX」
    DMM.com証券「DMM FX」は、GMOクリック証券「FXネオ」と並んで国内最大手の人気FX業者です。スプレッドは業界最狭水準、サポートも丁寧で親切。取引ツールも非常に使いやすく、いろいろなFX業者を渡り歩いてきましたが、結局DMMFXが一番使いやすかったです。
  • GMOクリック証券「FXネオ」
    GMOクリック証券の「FXネオ」は4年連続FX取引高世界第1位、預かり資産国内第1位の国内最大手のブローカーです。業界最狭水準のスプレッドに加え高スワップ、使いやすい取引ツールと初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれます。口座開設に迷ったらここかDMMFXを選んでおくと間違いありません。
    >>GMOクリック証券とDMM.com証券の比較はこちら
  • SBIFX TRADE
    SBIグループのFX業者。信頼性の高さと業界最低水準の取引コスト、また最小取引単位が1通貨(必要証拠金5円程度)と少額から始められるので、初心者を中心に人気があります。また詳細ページでも書いていますが、ユーザーへの情報開示も積極的に行っているため、スリッページやストップ狩りなど、FX業界全体に不信感をお持ちの方に特におすすめ。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑